FGOをはじめて3ヶ月でわかった攻略まとめ

Pocket

FGOをいまさらはじめたおにちくです。

3ヶ月くらいやって、星5が一人、聖杯は3つくらい、星4が7人くらい

他星3は溶かしたりしたので何人くらいきたかわかりませんがそこそこ来ていると思います。

こいつガチャの当選率いいじゃん!!て思うかもしれませんがイベント加入星4が二人、1000万ダウンロードで1人、リセマラしているので実際のところ自分でひいたのは3人といえます。

「でも星5二人ひいてるじゃん!」という意見もありますがが、

ちょっとくらいは引かせてください(涙)そこそこ回してるんですよw

真面目に始めるきっかけになったのは1000万ダウンロードから、星4一人に加えてピックアップされていたマーリンを引いたからというのもあります。そんなにすごいのかと検証したくなったのがはじまりです。

ピックアップの度にマーリンはすごい人気でした、同時に孔明も人気ですね。この二人のうち一人をひけたのでどれくらいすごいのか検証したくなったのです。

FGOというゲームのシステムの解説

ゲームのシステムは一般的なスマホゲーのそれです。ガチャを弾いてキャラ(サーヴァント)を弾いてお気に入りをガチで育てていく、そして更新されるクエストをクリアしていくという形です。終わりは基本的にありません。

ガチャの当選率は低めなので、どうしても欲しいキャラはピックアップされているときに物欲センサーオフでやりましょう。

バトルシステムについて

キャラの評価は、戦力の評価がほとんどです。攻撃力・HPに加えて、スキルの内容によります。さらにクラスによる有利不利があります。これらを踏まえて5人のサーヴァントでパーティを組んでクエストをこなしていきます。

イベントの難易度は、初級から魔王級まで存在します、だいたい8段階くらいありますが、最終の魔王クラスでもクエストによりますが。レベル40くらいまでそだてておけば、編成しだいでなんとかなります。編成によるところが大きいということを忘れないでください。

まずもっとも重要なのがクラス相性です。クラス相性がわるいとレベル100のキャラがあっさりと倒されたり、火力にならなかったりします。大体2倍近くのダメージ差が出ます。

基本的には6つのクラスを覚えておけば大丈夫です。フェイトのアニメやゲームをやったことがあるなら、メインとなるクラスの6つです。それ以外は滅多なことでは登場しません。ガチャでも滅多に出て来ないです。

セイバーが最強というわけではないですw

セイバーもアーチャー相手にはあっさりやられたりします。

クエストバトルのサポート・フレンドシステム

バトルを開始するとサポートキャラを一人選ぶことができます。フリーのサポートキャラとクエストのゲストサポート、そしてフレンドサポートの3パターンがあります。これらには特徴があります。

ゲストサポートは、FGOのゲームが用意したサポートで適度な難易度で戦えます。さらに後述のフレンドポイントが200ほどもらえます。ただし性能は普通で、レベルもそこそこです。こいつがいるから勝てるというほどでもなくクラス相性も有利でも不利でもないことが多いです。

フレンドサポートは、フレンド申請をして了承された場合にフレンドマークがつきます。

緑の握手しているものがそれです。ゲストの場合は一番上に登場し、マスターの名前のところにGuest Servantと表記されます。

ゲスト・フレンドとフリーのサポートには重要な違いがあります。

フリーのサポートだけ、宝具(NPゲージ必殺技)が使えません。

そのため、サーヴァントの必殺技が使えないのでかなり大きな戦力減になります、これを帳消しにできるほどの通常スペックが高いはいません、周回の向上クエスト「種火」でのバーサーカークラスくらいです。

なのでサポートは必ずフレンドを使ったほうがいいです。なるべく高レベルのフレンドがゲットできるといい感じです。

そして、評価が高いサーヴァントを所持しているとフレンドが通りやすいというのはどんなスマホゲー(ソシャゲー)でも同じです。

バトルシステムについて

パーティは3人が戦場に立ちます。そこで攻撃の順番と種類を選びます

攻撃には、三つの種類のカードを使います。

・クイック(緑):クリティカル率を上げるスターを生み出す

・アーツ(青) :NPゲージを溜めるのに有利な攻撃

・バスター(赤):攻撃力が高い攻撃(NPがほとんどたまらない)

三つの種類には特徴があります。クリティカルはその時の攻撃では意味がないですが次のターンにスターを分配しクリティカル率の上昇が伺えます。ですがクイック攻撃自体の攻撃力は3つのうち一番低いです。

アーツは攻撃によってゲージを溜めることができます。100まで溜めると宝具を使用できます。

バスターはクリティカルもゲージも貯めれませんが、攻撃力が高いです。他の倍くらいあります。

一番いい攻撃力をだすには

クリティカルをためて、クリティカル率100%のバスターを使うことです。

なお、宝具にはクリティカルは存在しません、そのため安定した高火力にしかならないことを忘れてはいけません。ぶっ飛んだ瞬間火力はクリティカルのバスターになります。

クラスによって、これらスターの発生率やゲージ増加率攻撃力補正があります。そのためどのクラスが強いということもありません。バーサーカーは攻撃力は高いですが打たれ弱いです。どんな相手にも弱点攻撃ができますが、どんな相手からも弱点ダメージを食らいます。

そのため有利クラスで戦うのが生存性と火力を両立できます。バーサーカーは火力だけに特化しているため生存性が皆無です。敵のゲージ技をくらったら何かで補助しないとほぼ100%やられます。

ここまでがFGOの基本的なシステム解説になります。

FGOで評価が高いキャラ

・周回での性能

・クエストボス相手のでの性能

この二つでほとんどが決まります。

ソシャゲーはなんだかんだいっても、周回ゲーです。同じクエストをぐるぐる回るのが常です、そして強化素材をあつめてキャラを強化していきます。ですが、クエストの最終ボスを倒さないと手に入らないアイテムもありますのでそれらをゲットするためには周回性能キャラでは厳しいという事態に陥ります。

・周回性能の高いサーヴァント

条件が二つあります。

・恒常の曜日クエストの「種火や素材」集めに有利なサーヴァント

・イベントなどのクエストで周回が有利なサーヴァント

まず、恒常の曜日クエストでおすすめなのが「バーサーカークラス」がおすすめです。どんなクラス相手にも弱点ダメージを与えることができます。曜日クエストの超級レベルの敵HPは高くて27000なので、育っているバーサーカーの攻撃であれば、2発で倒せます。種火クエストの敵(手)は一体につき一回しか攻撃してこないので、弱い奴から手早く片付けることが求められます。そこでバーサーカーであれば一瞬で倒すことができます。

フレンドサポートの強いバーサーカーであれば、ゲージも気にせず火力をだせるのでおすすめです。

イベントでは、イベントに登場しているサーヴァントに火力ボーナスがついています。主役級のキャラクターは100%の攻撃補正、準主役キャラには50%の補正がつきます。これはレベル30程度のキャラクターでもレベル100なみの火力が出ることをになります。

有利不利がないノーマルの相手であれば、イベントキャラがもっとも火力が高くなります。(ただし被ダメは抑えられません)

イベントクエストの周回では、よほどのことがない限り、イベント主役キャラがもっとも強いといえます。そして、イベントにもよりますがイベントによって仲間になるサーヴァントが存在しますのでガチャキャラが最強とは言えません。

後述する、おすすめサーヴァントに周回おすすめキャラを明確に名前付きで表記しておきます。

おすすめサーヴァントはこちら

マーリンなぜ評価が高いのか?

周回性能やステータスなど様々な要素がありますが、多くの攻略サイトで紹介されているサーヴァントで評価が高く、みんなが欲している「マーリン」を検証してみたいと思います。

・ステータス(攻撃・HP・タイプ)

・所有アクティブスキル

・パッシブスキル

・宝具効果

この4点が評価ポイントになります、なお見た目やCVに関しては今回は割愛いたします。ご了承ください。のんびりしていていい声なので個人的にいい感じです。

・ステータスについて

キャスタークラスで、補助専用のタイプです。攻撃力よりHPのほうが高いです。補助タイプが一番人気とは不思議ですが、FGOでは補助出来るサーヴァントが少ないので仕方ないかもしれません。

とにかく補助特化で、パーティメンバーを強化してくれます。

メインアタッカーとは程遠いです。

・アクティブスキル(任意発動出来るコマンド)

1、バトルメンバー全員の攻撃力増強+NP20プラス

 まずゲージを20も一気に増やせます(3人あわせると60)これはアーツカードのクリティカルを2回攻撃するくらいの増強で、アーツ揃えの攻撃をしないと増えないくらいの量です。宝具は必殺技なのでこれの発動までの時間短縮が出来る時点で凄まじい性能といえます。

さらに攻撃力アップも合わさって最強に見えます。

宝具使用間隔を短くできることは、必殺技を連続使用できるようになるためFGOではとにかく有用です。

2、バトルメンバー全員に無敵付与(1T)+スター発生率UP(1T) 敵全体のクリティカル率ダウン3T

バトルメンバーを1Tの間完全に防御することができます。無敵貫通などもありますがほとんどの場合大丈夫です。敵のボス3体から飛んでくる宝具攻撃を涼しい顔で過ごせます。その上でクリティカルスター発生率を上げた上に敵のクリティカル率ダウンができます。

効果が三つもあるため、一石二鳥どころじゃないです。

3、味方単体のバスターカード威力アップ+HP回復+クリティカル威力アップ

単体に対して大きく攻撃力を上げることができます。ただしバスターカードのみです、通常攻撃のバスターに加え、宝具のバスタータイプであればかなりの攻撃力になります。加えてHPを回復させることができクリティカル威力もあがります。どんな状況でも腐らないスキルです。

総じてコマンドスキルはどのタイミングであっても無駄にならず、しっかりとタイミングをみて使えばこれ以上ないほど有用なバフが揃っています。

FGOでは、敵に直接攻撃をするスキルは存在しないため、どれだけバフの性能が高いかが重要になります。バトルメンバー全員にかけられるものは単体のものよりおちますがその分全員強化なので単純に三倍の価値があります。

攻撃力アップではなくバスターカードの性能アップであるため、尖った攻撃力になります。宝具によってはバスターではない宝具もあるためアタッカーは選ぶ必要があります。

パッシブスキル(常時発動型)

・毎ターン自動でNPが5回復します。

・弱体成功率アップ(クリティカルダウンをのミスは見たことないです)

・アーツカードの性能アップ(NPがたまりやすい)

パッシブでもとにかく宝具を早出ししようとするパッシブになっています。特に強いのが毎ターンNP5獲得、これは星4以上の礼装を装備しないと難しいか、特殊な宝具を使わないと獲得できない、毎ターンゲージアップです。

どんだけゲージ技(宝具)を使いたいのかというレベルです。

宝具(ゲージ技)

ここまで宝具使用に特化したスキルばかりが揃っている宝具は、さらに補助タイプです「味方に毎ターン、HP回復(1000以上)+毎ターンNP獲得(5)、自分に毎ターンスター獲得(5以上)

さらに補助してくれます、パーティメンバーは倒れることなく自動でゲージが増え、クリティカル率も最低限が守られます。とにかくがっつりと補助してくれる凄まじい人で、どんな場面であっても採用したいサーヴァントです。

リジェネ効果のレベルでおさまらない回復量は持久戦でも使えます。

褒めちぎってますが、全ての効果を最高に活かすのは難しいです、NPを20増やすのも、パーティメンバーがゲージが溜まっていたら無意味になります、ですが攻撃力アップは無駄になりません。

バスターカードがないけど、回復はできます。

どんな状況でもとりあえず役に立つ、無駄にならないのがマーリンの素晴らしいところです。高いHPで生存せいも高くなっています。

反面火力は低めなので、いいアタッカーを補助することに徹するキャラクターです。

ではここまでで、なぜマーリンが、お勧めされるのか。

どんな状況でも使える補助タイプであること。

クラスの相性があるため、アタッカーは一人に任せ切れません。不利なクラス相手では育て上げたサーヴァントも厳しい戦いを強いられます。

そのため、アタッカーはクラスごとに一人必要になります。

ですが、マーリンはHP回復にゲージ増強、無敵付与に、攻撃力アップという全部まとまったサポーターなので、不利クラス相手以外ならば起用できるというわけです。

そのため、どんな状況でも起用可能なマーリンは評価が高いという形に落ち着きます。火力だけではどうしようもないがFGOです。もちろん火力増強もできるためマーリンはすごいみたいです。

マーリンまとめ

アタッカーとしては微妙だけど、アタッカーを補助することにたけている。とにかく補助特化で生存性を格段に引き上げてくれる。

FGOでのサーヴァントの育て方

サーヴァントの育て方は3つありますが、やることは一つです。

・種火による強化+霊気再臨(進化)

・宝具強化

・スキル強化

・絆LV

種火と霊気再臨がもっとも重要です、FGOのレベリングは戦闘に参加しての経験値ではなく種火による経験値なので、戦闘に参加してもレベリングは不可能です。戦闘に参加すると絆レベルがあがりますがステータスに明確な変化は生まれません。絆がLV10までいくと絆礼装という装備がもらえますがそこにたどりつくには長い長い道のりです。

宝具強化

基本的に不可能です、ガチャがダブった場合に宝具強化という救済があります。星5がダブルことはほぼありえません。イベント加入のサーヴァントの場合はクエストをクリアすることでもらえます。もっとも難易度が高いクエストになります。

スキル強化

種火とは違った、素材を使うことで強化が行えます。種火の五倍は大変だと思ってください。基本的には後回しでいいですがいくつかのスキルは強化するのがいいです。

ほとんど種火と素材集めの周回がメインとなるため、種火と霊気再臨素材を集める周回性能が高いキャラクターがおすすめになります。

FGOおすすめサーヴァント

ここまでたくさんの解説をしてきましたが、お勧めサーヴァントをお伝えします。ここで一つポイントがあります。サーヴァントにはコストがあり、マスターはレベルがふえるにつれてコストが増えます。このコストが増えないうちは星5のサーヴァントをパーティメンバーにいれると他のサーヴァントを連れていけないという事態に陥ります。

そのため、星5が強くて星1は弱いということもありません。また聖杯というクエスト攻略アイテムをつかうことで、限界を超えてレベルアップが見込めます。星3のサーヴァントをLV90まで引き上げることもできます。

そのため、星3と星5のステータス性能はほとんどないといっても過言ではありません。もちろん星5では多少ちがいますが、星4であればほとんど同じです。

お勧め周回サーヴァント

ヘラクレス(バーサーカー星4) リセマラトップの人気を誇るバーサーカー

曜日クエストから、メインクエストの2章「セプテム」くらいまでなら力業でごり押しできます。絆礼装の性能がトップクラスで高く、リセマラで引きたいサーヴァントナンバーワンです。ついでに無印のフェイトステイナイトからの参戦キャラという思い入れもありますね。

お勧め二人目はニトクリス(星4キャスター)

敵全体攻撃の宝具持ちで、即死効果があります。そのため周回していると攻撃力は低いのに敵を葬ることができます。さらにそれを補う「即死率アップ」のスキルに加えて、自分のNPゲージを大幅アップすることができます(LV1で60アップ)これによって、簡単に宝具使用が可能になります。加えて即死効果があるため、周回性能は高いです。ただし確率なので失敗することもあります。攻撃力のステータスも悪くないため火力もそこそこあります。

アーラシュ(星1アーチャー)

宝具の火力が星5なみに高いです。さらに全体に超協力な攻撃になっており、宝具を使うと本人のHPが0になるという捨て身技になっています。デメリットのように感じますが、通常ステータスの低い星1を意図的に入れ替えが可能になるため控えメンバーに強力なサーヴァントにいれておけば周回ではこの上なく役に立ちます。取得が容易というメリットがあります。無料のフレンドガチャから排出されますので、宝具LVもあげやすく使い勝手のよいキャラクターです。

以上3名がお勧めになります。

もちろん他にもたくさんいるんですがあんまりたくさん紹介しすぎても困ると思いますなので二人だけにしておきました。この二人は絆礼装まで育てても無駄にならないです。

星4をリセマラでとるもよし、1000万ダウンロードに間に合うならば取得するのがおすすめです。

番外編 マシュ(星3>4 シールダー)

ストーリー上かならず入るサーヴァントです、誰でも入手可能です。どの相手からも弱点ダメージをうけず、弱点ダメージを与えられないという防御よりのサーヴァントです。ですが高難易度クエストでは必要不可欠になってくる重要サーヴァントでストーリー上で強化されていきます。そのためストーリークエストを進めないと弱いままです。種火での強化はできますが、進化(霊気再臨)がストーリー進行度合いによるという厄介な条件があります。育てておいて損はないですがストーリー攻略がそこそこ大変です。

FGO概念礼装のおすすめ

カレイドスコープ:星5(初期NP80でバトル開始)

速攻で宝具を使えるようにできる礼装になります。これ一つでとりあえず宝具が打てるようになるのがマーリンなどのNP増強ができるスキル持ちサーヴァント。リセマラをする場合はこの概念礼装が出た場合はどうするか考えてもいいかもしれません。

虚数魔術:星4(初期NP60バトル開始)

カレイドスコープのローコスト版です、性能もそれにあわせてやや低いですが、初期から80もいらない場合もあるのでこれくらいのコストを抑えつつ運用が出来ます。

柳洞寺:星3(初期NP20+宝具威力10%)

NPをチャージした状態を20ですが、宝具威力が10%増強されます。バランスよく強化されるため、宝具主体で戦うサーヴァントにはおすすめです。

他にもたくさんありますが、NPをチャージするキャラはとりあえず持っていて損はありません、やっぱり必殺技である宝具を早く打てることはメリットです。

 

 

FGOをプレイしてみたまとめ

レアリティの高いサーヴァントや装備(概念礼装)はたしかに協力ですがコストがかかります。パーティ編成ではコストを意識しなければならずそのコストオーバーでは編成できません。特に低レベルのうちは、星5サーヴァントは一人編成するだけで礼装も装備できず、パーティを組めない自体に陥ります。

星5サーヴァント(15)+星5礼装(12)で 27のコストがかかります。レベル78の段階のコストは84、10ごとに結構増えますが、それでも3人のフル装備を入れるのがやっとになります。控え一人までになります。

星5は一人、星4二人、礼装も星4あたりが中盤。

マスターレベルが100以上になってくると、コストも安定してきますが。序盤は星5をひいても重すぎるし強化できてないと今ひとつという自体に陥ります。特に強化できてないアタッカーはかなり役に立たないです。

星3か星4のサーヴァントをしっかり育てて、聖杯を使えば低コストの主力担ってきます。アタッカーに関してはこれで十分なので、全体のバランスをみて、各クラス星4以上が一人、星3一人という配分にしておくと、パーティン編成のときにこまらないです。

多くのサイトのおすすめサーヴァントは、間違いなくおすすめですが、もっとも大事なのはそのキャラを最後まで使いたいと思えるかどうかです。

あとはツイッターや同人などで見るキャラは、作者の目をとおしているので多少公式とは違うことをわすれてはいけません。

ちなみに僕は、無印フェイトのライダー(メデューサ)が好きなので育てていますが、どこのサイトでもおすすめサーヴァントではありません。見た目にエロくて可愛いですし、進化(霊気再臨)を最後までするとキャラの絵柄が変わってとても慎ましやかに可愛くなります。

そういった見た目で選ぶのもありです。おかげでライダー有利のクエストはきついですw

 

強化のポイント

種火による強化の伸び幅はキャラごとに違います、初期の伸び幅(LV30くらいまで)はほとんど同じくらいですが、40ー50が極端に伸びなかったり、50−60が一気に成長したりとキャラによってバラバラです。最終状態で見るのも大事なのですが、強化できる速度はまちまちなので使えるキャラを使える程度に育てておくのがいいかもしれません。