艦これ夏のイベ「反撃!第二次SN作戦」攻略!


艦これ夏のイベント「反撃!第二次SN作戦」を攻略します

難易度が3つに分けられており、甲乙丙(上中下)になります。

新米提督や艦娘の最大練度が50以下の場合は素直に丙

目指しても乙までにしましょう(装備や編成によっては行けます)

■出撃制限について

■甲乙丙の作戦難易度の選定

■作戦難易度による報酬の違い

■オススメ作戦難易度

■各マップによる出撃編成とオススメ編成

■出撃制限について

出撃制限とは、難易度 甲・乙 にのみ存在する条件で「丙」の場合は気にしなくて大丈夫です。

 

まず、今回のイベントはE1~E7まで存在します。

E1,E2の初動作戦の札がついた艦娘は E3、E4、E5 E6に参加できません。

E3に出撃した艦娘は機動部隊の札がつきます。

E1、E2、E4、E5 に参加出来ません。

 

E4に出撃した艦娘はE1,E2,E3,E5、E6に参加できません。

E5に出撃した場合西部方面の札が付き

ソレ以外の作戦全てに参加できません。

 

E6は E3に出撃した艦娘は参加できます。

E7はE5の艦娘以外の全ての艦娘が出撃できます。

有志の方がつくった、わかりやうすい図がこちらです。

CMDt6j6UAAAbsWh

後に記載する、出撃編成を参考に編成を考えていきます。

 

■甲乙丙の作戦難易度の選定

甲乙丙(上中下)の作戦難易度があります。

甲はものすごいベテラン提督であっても厳しく、資材の消費も尋常ではないです。よほど自信がある場合以外はオススメできません。資材は20万超え、バケツも1200以上、E7以外全て甲でクリア済みぐらいの覚悟があって、初めてE7に甲で出撃してもいいかもしれない程度の難易度です。

素直に乙作戦くらいまでで泊めておくのが無難です。

丙作戦でクリアした場合、次の作戦で甲作戦を選択できません。

(例:E1を丙でクリアするとE2は丙乙しか選択できないE3はE2を乙でクリアすれば大丈夫)

おすすめの難易度選択

E1 甲(乙だと補強増設が1個になる)

E2 乙(甲でもおにぎりが増えるだけ)

E3 乙(丙だと新装備が手に入らない)

E4 丙(おにぎりや洋上補給がほしいなら乙)

E5 丙(出撃制限が厳しく丙推奨)

E6 乙(丙だと新装備が手に入らない)

E7 丙(甲乙の難易度が現実的じゃない)

これが、新装備などを意識しながらクリアだけを目指した最低難易度選択になります。

 

■作戦難易度による報酬の違い

作戦難易度によって報酬が変わります。

乙が平均的です、特殊な先行実装装備ももらえます。

甲は乙に上乗せして、少し多めにおにぎりがもらえます。

丙は共通報酬以外はもらえませんが最も重要なのは共通報酬ですし、追加報酬は課金アイテムだったり先行装備なのでそこまで重要でもないのです。

■オススメ作戦難易度

E1は甲作戦でいけば、「補強増設」が2個もらえます。

乙の場合は補強増設が1つになります。

E2は甲乙でもほとんど差がないので、乙作戦で問題ありません。

E3は甲乙で15m二重測距儀+21号電探改二 新装備はてにはいりますが、乙の場合「補強増設」が1つに減ります。

E4,E5は甲乙の厳しさを考えると丙でも問題ありません。追加で貰えるアイテムも新装備ではなく、おにぎりや洋上補給など、消費アイテムがメインになってきます。

E6は乙以上で、新装備「試製甲板用カタパルト」がてにはいります。

可能ならE6は乙以上でクリアしたいところです。

E7は難易度的に丙でさえ、厳しいです。過去イベントの甲並に厳しいとされ、2015年春の最終マップ甲よりも、E7丙の方が難しいと言われています。

どうみてもキツイです。

 

■各マップによる出撃編成とオススメ編成

E1、E2 は札が同じなので、戦力を入れることが出来ます。

E2で入れる戦力を考えながら、のちの戦力配分を考えていきます。

E1,E2は、水上打撃部隊がメインとなり、空母の必要性が殆どありません。

戦艦2・

軽空母2・

軽巡2・

駆逐5

高速戦艦をつかってもいいですが、ルート固定がE4で存在するため

金剛姉妹を使うのは控えめにしておきます。

間違ってもE1E2で秋月などの対空艦娘を入れないようにしましょう。E3は機動部隊になります。

 

E3(E6)は機動部隊がメインです。

主戦力は、空母機動部隊になります。

E3には大和型を含む艦隊や主戦力の投入を考慮してもいいでしょう。

E3に投入した艦娘は、E6、E7も参加できますし、乙以上の作戦を考えるならここで大和型を含む主戦力を使うのが無駄がなくいいかと思います。水上打撃部隊でもいいですが、ルート的に厳しくボス前がランダムになるためおすすめできません。可能な限りの航空戦力と対空装備で攻略しましょう。

 

 

E5に出撃すると他の海域に出撃できなくなります(甲乙)

ただしE5を丙作戦で行く場合はE6が甲作戦で行けないことを念頭におきましょう。

潜水艦や軽空母も投入することができるため戦力を考えましょう。

ルート固定法としては、秋津洲がひつようになりますが、非常に戦力外というほど火力に乏しいため固定要素であっても考慮すべきです。補強増設にダメコンを積む程度には必要です。むしろそれを度外視したほうがいいかもしれません。

 

ボス到達ルートとしては、駆逐1 以外は問題ないため戦艦や正規空母の大量投入でも問題ありません。ただしその場合は作戦による出撃制限を意識しましょう。

 

E6、次の作戦のE7はE6で投入したすべての艦娘を投入できるため、編成は考えずに最大戦力で出撃しましょう。

 

E7 丙作戦であっても、2015年春のE5甲並みの難易度があります。

冗談抜きの地獄といえるため、大和型含む最高戦力に、兵装をもって挑みましょう。

ただし、E7は雷巡を入れるとボスに到達しない。 とのことで、雷巡を入れることができません。

開幕雷撃ができる軽巡は阿武隈改2のみになります。潜水艦の投入もいいかもしれません。第2艦隊には重巡・軽巡(阿武隈が理想)などを含み最大戦力で向かいましょう。

連撃だとほとんどカスダメ(削りならそれでもいい)なので、運の高い艦娘を意識し、カットインを狙いましょう。プリンツ・オイゲンや妙高改2がおすすめです。カスダメだとトドメを刺し辛いため、装甲貫通のある徹甲弾をつんだ金剛型も考慮に入れるといいかもです。ただし金剛型の火力は夜戦だと駆逐よりも低いです。

 

現在、甲難易度でクリアした提督の編成は以下の通り

「翔鶴」「瑞鶴」「瑞鳳」によってルート固定がなされているかもしれません。(空母機動部隊になります)

史実に関係する編成の模様です。

第1艦隊「羽黒」「大和」「武蔵」「翔鶴」「瑞鶴」「瑞鳳」

第2艦隊「暁」「Bismarck」「鳥海」「神通」「雪風」「Prinz Eugen」

暁はこだわりの、嫁艦娘だそうです。

丙作戦でもこの構成を意識してもいいかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。