格安最強10連勝デッキ構築レシピ付き【初心者シャドウバース攻略まとめ】


一年ほど潜っていたエロ漫画家のおにちくです。

別にずっとシャドバとかグラブルとか艦これやってたわけじゃないんだからね。

仕事が忙しかったんです・・・はい。クレーム対応とかしなきゃいけないお仕事でした。はい・・・まぁ、やめたんで今年は創作活動も含めて色々できそうです。

とまぁ、そんな仕事の合間にやってたのがシャドバとグラブル、艦これはようやくアンドロイドで対応してくれたのでアイフォンにかえた俺涙目ですはい。

格安シャドバのデッキですが、Bランク下では10連勝ほど果たしたので、まぁそこそこ使えるデッキだと思います。

ゲームウィズとかにも乗ってないデッキを作ってやろうと思ったので、シンプルながらA~のあたりでもそこそこ戦えます。ですがやはりマスタークラスになると勝率は5割を超えられないですね、当たり前ですがどんな状況にも対応できる玄人さんたちがたくさんです。

では解説していきます。

格安御旗ロイヤル

gamewith風にいうと、アグロ(速攻タイプ)です。低コストで疾風、突進を多く揃えられるロイヤルならではのデッキ、フォロワーが処理できなければ最速5T目(PP5)で相手を落とせます。

mihata

王家の御旗(ロイヤル/指揮官)

この4コストカードが主軸になります。そしてメインのフォロワーは兵士指揮官は少なめに設定します。メイドリーダーを使って必ずこのカードを引くようにするためです。

このカードは、アミュレットでありながら、「指揮官」の属性を持っているので、指揮官が場にいる場合の条件を満たす兵士すべてにメリットがあります。

ロイヤルのデッキは「兵士」と「指揮官」が対になることで真価を発揮します。単体で強さを誇るフォロワーもいますが、指揮官がいると強くなる兵士フォロワーが多いです。

デッキ構成

5691840104116

1コス

クイックブレーダー(疾風)

ニンジャエッグ(潜伏)

師の教え(スペル)

2コス

メイドリーダー(指揮官を手札に)

クノイチエッグ(潜伏)

オースレスナイト(追加フォロワーナイト1体)

ユニコ(回復)

3コス

アセンティックナイト(追加フォロワー1体)

ノーヴィストルーパー(疾風)

ブリッツランサー(突進)

ニンジャアーツ(スペル/エンハンス8)

4コス

レヴィオンガード・ジェノ(突進/ラスト)

激励の舞(フォロワー強化+1/1スペル)

王家の御旗(アミュレット/指揮官)

5コス

アサルトコマンダー(兵士強化)

(※画像ではアルベールになってます)

 

こう見るとわかるように「プライズカード(初期カード)」が多くブロンズカードがメインです、初期の構築では「アサルトコマンダーですが」上位の「アルベール(虹レア)」や「パーシヴァル(銀レア)」に交換してトドメを指揮官フォロワーに頼む事もできます。とにかく数を揃えてそれらを強化して一気に攻めるスタイルです。

攻略/戦略/有利/不利

戦略

とにかく速攻をかけて、1コスフォロワーを強化していくスタイルです。終盤になれば、ニンジャエッグを攻撃7とかまで引き上げてニンジャマスター化したりします。

ニンジャエッグ(1/1)

negg

1+2+1+1+2=7

王家の御旗2枚+激励の舞+師の教え+進化

激励の舞をアサルトコマンダーでも代用できますし、他の指揮官フォロワーでも可能です。「強化」を場に出ているフォロワー全てに与えることで打点を増やします。潜伏を持っているフォロワーを攻撃10まで引き上げてスペルによる破壊を回避します。

強いポイント

即効性が高いフォロワーが多く、PP4までに3~4体のフォロワーをプレイしながら疾風による攻撃が可能で、リーダーをゴリゴリ削っていきます。3T目まで何もしないリーダーだとそれだけで8以上のダメージを受けます。PPが5になるころにはリーダーの体力が4~0になっています。

PP4で御旗を出現させることで、攻撃1のフォロワーがすべて攻撃2になり1Tで8ダメ以上が可能になります。

弱い点

カード不足が激しくなります。カードを追加で引くカードが殆どないため、手札が切れています。1Tで2枚のカードをプレイするのが常としていく後半では特にそれが大きいです。そのためニンジャアーツのエンハンスや「アルベール」のエンハンス効果を使って、どのPP上昇タイミングでも最大PPを消費するように設定しています。

このデッキに対する対策

ab

このデッキに対する対策は「守護」と「全体ダメージ」になります。特に致命傷を与えるのがエンジェルバレッド(全体1ダメージ)です。これが入っているだけで序盤~後半の致命傷になります。ナイトやクイックブレーダーなどの体力1のフォロワーが全滅します、エッグの二人ももちろんおちますし、潜伏の意味がなくなります。

有利・不利な相手

エルフ(やや有利)

同じく1コスを大量出現させてリノセウスの疾風で削ってきます。フェアリーの出現数がこちらのフォロワーの出現数を上回ってきます。エンシェントエルフによる守護も地味に辛いところです。リノセウスが力を発揮する7T目あたりまでに決着をつけたいところです。

ロイヤル(五分)

同じロイヤルなので戦略幅もスタイルもあります。自分のスタイルをどれだけ発揮するかになります。

ウィッチ(五分)

現状のテンポウィッチと呼ばれる、ドロシーを使った戦略に五分で戦えます。「ルーンの貫き」やスペル攻撃を潜伏持ちや疾風持ちで対応していきます。ニンジャエッグ・クノイチエッグを進化させて潜伏させておき次ターンにかけます。全体攻撃のエンジェルバレッジなども進化させておけば破壊されずに済みます。クノイチエッグをコウガのクノイチを超える打点にまで引き上げる戦略です。

ドラゴン(有利)

ドラゴンの強さは単体での強さに特価していることが多く、強い1フォロワーというタイプです。PPを伸ばしてくるので10PPのジェネシスやバハムート(ニュートラルですが)が出るまで打点を稼ぎ、5T目辺りまでに残体力を6あたりまで削りれば、ナイトが一体出るだけでも焦らせることができます。ジェネシスの存在があるため自分のHPが11以下になっていると危険区域です。

ネクロマンサー(五分)

ラストワードが多く死に際に強いカードが出現してきますが、即効性が少なくなっています。「腐の嵐」は痛いところですがそれ以外はやや有利に戦えます。死んでも死んでも向かってくる雑兵の如くです。

一気に3体を守護で出す「死の祝福」は御旗を2枚だしておけばナイトで対応できます。

ヴァンパイア(不利)

リーダーへのダメージを狙うヴァンパイアでは回復も同時に多く、リーダーを体力を削られていきます。回復手段のないデッキのため落ち着いて殴り合いができればスピード勝負で勝てますが、回復が多く終盤に強化されるフォロワーが多いため、やや不利です。特に終盤では高コスト高パフォーマンスのカードが多く、ヴァンパイアが息切れしてなければほぼ負けになります。

ビショップ(やや有利)

初速の遅いビショップに対して、速攻をかけるのが常のロイヤルになります。6コス全体消去をされると痛いですがその点を踏まえてもやや有利になります。7T目あたりになると、御旗2枚を維持しフォロワー3体という状況を常に作れるようにしましょう。「テミスの審判」を3T連続でされてもなんとか戦えます。リーダーの回復量を超えて攻撃を仕掛けていきましょう。

 

交換候補カード

交換候補では、主に銀レア以上を候補に上げています。

スタイルによりけりですが、候補カードを載せておきます。指揮官を呼び出すメイドリーダーにどれだけ仕事させるかが重要になります。指揮官ならばトドメをさせるタイプや大きく戦力が上がるタイプを選びます。兵士ならば確定ドローが無いため安定性は下がります。

兵士

サブリーダー・ゲルト(指揮官がいれば守護+1/0)

サイクロンソルジャー(低コスト/高攻撃力)

コウガのクノイチ(潜伏/分身)

ファングスレイヤー(突進/必殺/リーダーへダメージ)

指揮官

わがままプリンセス(デッキからコスト1を出現)

カースドジェネラル(兵士に疾風を与える)

レヴィオンセイバー・アルベール(疾風/エンハンス)

ニュートラル

風神(全体強化)

ギルガメッシュ(疾風)

スペル

猛襲(フォロワー破壊+指揮官有りナイト出現)

まとめ

対戦型のカードゲームなのでどうしても強さ弱さは重要になってきますが。某遊戯の王のようなどんな状況でも対応できるスーパーデッキは存在せず弱点は存在します。現在はテンポウィッチの対応力が凄まじいです。環境下で有利なので今後変わるかもしれません。手札のドロー事故が最大の敵なので、それを回避するための方法が最重要項目になります。カードを確定で引くなど、手札事故を可能な限り回避するデッキ構築を常にしています。

1T目で 1コスを出現
(クイックブレーダーならば1ダメ)

2T目で 2コスor1コス2体
(クイックならば1+2ダメ)

3T目で 3コス出現or 2,1コス
(ノーヴィストルーパーをだして3+2ダメ)

4T目で アミュレットでフォロワー4体強化
(4体に+1ずつして打点9)

この流れがこのデッキの強さになります。その為初期手札にメイドリーダーor王家の御旗を入れておくのは最重要項目になります。メイドリーダーが「御旗以外」ばかりを呼ぶと事故という形になります。フォロワーがたくさんいる状態で自分のターンが始まり強化して一気に叩くのがこのデッキの最善策です。